京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

夏の定番、うますぎて確実に太る7つのメニュー

こんにちは、ドロンパ院長です。

お菓子とかアイスとか、いろいろなものを7つに分けてきたが、今回はそれの延長で「夏に食べたいメニュー」を7つに分類してみた。

え??お前の趣味なんか知らんがな!って?

そんなこと言われても、それこそが知らんがな。

 

冷麺

f:id:kazumine50:20180817091428j:plain

夏のド定番。店で食べることを選ぼうとはあまりないが、家で食べるにはすごく安くできておいしいので重宝している。

ごまだれと醤油ダレの2種類が多い。私は断然ゴマだれ派である。

しかし、冷やし中華というのは本当にテンションの上がらない料理である。冷やし中華を食べるぞ!と言われてもぜんぜん嬉しくないが、食べたらめちゃくちゃおいしい。そういう料理の代表だ。

ちなみに韓国風冷麺はそんなに好きではない。麺がつかっている液体を飲み干せばいいのかどうかわからないからだ。

 

そうめん

f:id:kazumine50:20180817091421j:plain

夏といわずに、いつでもこれを食べている。普通に冷やしたそうめんも好きだが、うどんのようにして、にゅうめんというのをよく食べる。食べていると、そんなに感じないのだが、そうめんの1番の弱点は、実はカロリーが高いという点だ。

 

漬け物

f:id:kazumine50:20180817091414j:plain

今度はカロリーではなく、塩分が高い食べ物だ。まさに夏場の塩分補給にピッタリといえよう。うまいご飯と食べるのもいいが、私はそのまま食べる方が好きだ。漬物と日本酒でけっこうイケる。

住んでいるところが京都ということで、漬物ブランドはありあまっているが、ほとんど食べることはない。なぜなら、スーパーに行けば100円とか200円でかなりおいしい漬物が揃うからだ。

いや、ブランドもんもおいしいんだけどね。

 

麻婆ナス

f:id:kazumine50:20180817091406j:plain

麻婆豆腐が大好きです、でも麻婆ナスはもっと好きです。というかナスが好きです。どこかのテレビで聞いた話だが、ナスビというのは体を冷やすという効果があるらしい。だから夏にはぴったりの食材だ。

『麻婆』という字体も好き。

 

焼きナス

f:id:kazumine50:20180817091359j:plain

繰り返すが、ナスが大好きです。中でも焼きナスというのは、生姜醤油と相まってとんでもない旨さを引き出してくれる。ナスのトマトソースもうまいが、焼きなすが一番ナスの味を引き出しているように思う。

居酒屋に行っても頼むことは結構ある。っていうか生姜醤油ってなんなんでしょうあれ。うますぎません?和食だったらなんにでも合うようが気がする。

 

焼肉

f:id:kazumine50:20180817091346j:plain

KING OF 夏の定番。

いや、冬の定番でもある。一年中定番やな。毎日は食べれないが、2日おきぐらいに食べたい。そんなセレブに憧れる。

焼肉の中でも特に好きなのは、テッチャンだ。THE デブコース王道。あのとろける感じがたまらない、たまにテッチャンは飲み込むタイミングがわからないから好きじゃない、みたいな人がいるが言ってる意味がさっぱりわからない。そういう人はイカも好きじゃないらしい。

他にもカルビやハラミなどイチローや松井級のスターが揃っている。休みの日の前日であれば、問答無用でにんにくにつけて食べる。むしろニンニクにディップして食べるような感じだ。カタカナにしたらいきなりおしゃれ感がでてきたな。

 

あんかけうどん

f:id:kazumine50:20180817091332j:plain

京都を代表する料理の1つだ。

風邪をひいた時によく食べる。理由は体が中から温まって、いかにも健康そうだからだ。片栗粉を混ぜてトロミをつけ、すりおろした生姜をたっぷりとのせる。そうすることによって、体の中から温めて風邪をぶっ飛ばすというものだ。

なぜこれを夏に食べるのか?

死ぬほど汗をかくからである。服は完全にカラダにひっつく。タオルがないと汗がたれおちてくる。死ぬほど汗をかいてそのあとシャワーに入りガリガリ君を食べる。このローテーションが夏の鉄板だ。

 

夏は食欲が減る?

そんな経験をしたことがない。つまり夏は太りやすい。

夏バテになってしまうと、食欲もなくなるのだが、なったことがないので食欲はモリモリだ。