ドロンパ院長の思考錯誤

読書メモと日々の考え

柿の扱いがひどすぎる件

こんにちは、ドロンパ院長です。

この時期に柿をもらうこと、多くないですか??

なぜ柿はこんなにもありふれているんだろう?

桃栗三年柿八年、なんていうことわざもある。

柿を育てるには、ものすごく時間がかかるってことだ。

f:id:kazumine50:20191115092019j:plain

必ずどこかからもらえる

この時期になると、スーパーの店頭に並ぶ柿。

しかし、それ以前に柿はよくもらいます。

  • 柿を買ったけど、そんなに食べへんからあげるわ
  • 柿をもらったけど、あんまり食べへんからあげるわ
  • 柿が大量に収穫できて、あまりまくってるからあげるわ

こんなとこでしょうか。

要するに「余ってる」という悲しい出来事です。

これが梨やいちごだったら、もらえないでしょう。

食べたらおいしい

そう、これが言いたい。

食べたらおいしいんです。

熟し具合にもよりますが、柿のはずれにはほとんど当たったことがない。

非常に甘さが安定していると思います。

りんごやいちごだったらそうはいかない。

酸味が変に強かったり、というものもよく売られています。 

タネなし柿の哀しき存在

いろいろな人に、もっと食べてもらうために、タネ無し柿というものが開発されました。

しかし依然柿の人気は変わらず・・・。

最終ジャムにしちゃえ!とか、謎にサラダに混入してるとか。

 

柿はビタミンCがレモンの5倍ぐらいあるそうです。

口内炎になったら柿を食え。

一日に必要なビタミンCを、わずか一個で補えるとか。

皮をむくのがめんどくさい??

タネをとるのがめんどくさい??

よっぽど梨とかりんごのほうがめんどくさいぞ!

タネに至っては、スイカの比じゃないぐらい簡単やぞ!!

 

ちなみにうちの家では、私以外に誰も柿を食べません。