ドロンパ院長の思考錯誤

読書メモと日々の考え

【書評】 独学術 白取春彦著

こんにちは、ドロンパ院長です。

最近本を読みまくりすぎて、実行する時間がなくなってきました。これではただの「本や知識のコレクター」になってしまうので懸念中。

本も読みまくって、実行もしまくってる人は一体どうなってるんやろか。

今回の書評は、独学のマニュアル本。

生涯学習は当たり前の時代で、もはや生涯現役も当たり前の時代になりそうです。そんなことを思いながら手に取った本。

 

20文字で要約すると・・・

独学への姿勢・考え方を身につける為の本

 

独自に新しく考えることが最終目的

独学というものの、独学の定義とは、標題の通りである。

歴史であれば、年号ではなく、なぜそうなったのか?自分独自の考えをもつこと。

有名な映画のグッドウィルハンティングでも、主人公がハーバード大生に対して叫んでいた。

「教科書にある知識を暗記することが一流大学の証拠かよ。俺は大学には入学してないが、自分の頭で考えてる!」

 

いつから、始まったのか?

これは魔法の質問である。

理解できないことや、なにかの物事の起源を探るというものだ。行き詰ったら、この質問と調べた回答で脱出できるかもしれない。

カントと一般人の違い

カントとは哲学者である。

哲学者とは、ものごとを考えに考え抜く職業だ。と勝手に思っている。たとえば、りんごは赤いが、なぜ赤いのか、というのを永遠に考えるような人たちのことだ。一般人であれば、りんごが赤いのは、りんごが持つ色素のせいだ、と言われればそこまでだろう。しかし哲学者は違う。そこから、なぜりんごが持つ色素は赤なのか?てな具合に、子供の「なんで攻撃」のように永遠に答えがでない遊びのようなことをしている。

そんなカントと一般人との違いは「人間は全て一緒」だというのが大前提だという。

つまり、超常現象的なものに逃げないということらしい。

誰かになにか良いことがあったら「あの人はラッキーだから」「幸運の持ち主だから」と考えない、ということである。

頭がかたいと言われたらそこまでかもしれないが、そこまで考え抜け!ということである。

読書とは、頭の中の映像を見ること

難しい本を読んでいると、ただ文字を追っているだけのような状態になっていることがある。これではダメだ。

読書というのは、文字を読むけれど、その文字を脳内で映像に変換できなければいけない。

もし、わからないことがあれば詳細に確認する。すると映像化される。

小説なんかは、その世界に入り込むと、まるで自分が体験しているような錯覚を受けることがある。

もちろん文章の上手い下手はあると思うが、どんな本であれ、理解しているかどうかの目安は映像化だ。

こう考えると、何かを習得するときに、文字メディアの本よりも、youtubeの動画のほうが効果的に学習できる気がする。というか実際そうなんだろう。

多読のススメ

多読すると、その項目についての理解が深まる。1テーマについて、中級ぐらいになろうと思えば、50冊は読みこまなければいけない。その中に元ネタとなるようなバイブルも当然含む。

なにかのジャンルを勉強したいと思うなら、まずは50冊を読むことを目安とする。

歴史ですらもフィクション

なにを言っているのか最初は意味がわからなかったが、こういうことだ。

つまり、歴史の資料というのは「当時の人が見たまんまを描写した」ものと「当時の状況を祖先たちが物語とか資料にしたもの」の二つに分類される。

後者はいわずもがな、完全にフィクションである。おじいちゃんの昔話とかから推測して書いた文章もあると思う。

前者は限りなく事実に近いだろうが、出版?の自由なんて昔にはなかったから、着色されてたりするに決まってる。

これらのことから、「歴史ですらもフィクション」というのも、うまく的を得ているような気がする。

しかし、そんなフィクションな歴史でも、ことに日本史においては、唯一ともいうべき「客観的に見た事実」が書かれている歴史書があるらしい。

ルイスフロイスの日本の記録

フロイスなんてのは、歴史の教科書で一つの単語として覚えたぐらいの記憶しかない。しかしフロイスの著書はメチャメチャおもしろいらしい。

というのも「日本の人々は、犬や牛を殺すのには青ざめるが、人を斬ることに関しては全く青ざめない」というようなことも書かれているらしい。当時の日本を知るためには必読書と言える。

世界を理解するために聖書を読め!

キリスト教はあらゆる原典。キリスト教を学ばなければ、世界は理解できない。

コーラン、ハディース、スッタニパータ、正法眼庫、タルムードなど、他の宗教の聖典というのは山ほどあるが、すべて聖書にたいする解釈の書物といってもいいだろう。

だから聖書以外の宗教書はかじる程度でOK。

ユダヤ人なんかは、タルムードに対してツッコミを入れたり、解釈をいろいろすると聞いたことがあるが、なるほど確かに世界を理解するためには「聖書の解釈所」であるタルムードを理解してるから頭が良いのかな、と思ってしまう。

 

独学というより、独学に対する姿勢を書いた本。

とりあえず聖書を読むことからはじめてみようと思った。