京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

カフェで仕事をするときに感じるあるある7つ

こんにちは、ドロンパ院長です。

カフェでブログを書いたりすることも多くなってきた。施術はさすがに無理だが、いろんなことがパソコンさえあれば、ノマドで仕事できるって素晴らしい。スマホでもやれないことはないけど、まだまだパソコン優位かな。

ということで、今日はカフェで仕事をしてるときのあるあるを記事にしてみた。

f:id:kazumine50:20180914110744j:plain

トイレが店外の場合

これ、みなさんどうしてはるんやろ?

店内でもどーしたらええのかわからん。パソコンを展開して、飲み物も置いているのでうかつにトイレにいけない。カバンごと持ってトイレにいくこともあったけど、1回カバンにぜんぶしまわなければいけないのでかなり面倒。

サイフだけもってトイレにいってもええけど、パソコンおいていくのもなあ、、、ということでみなさんどうしてはんのかな??

Macノートをだすのが恥ずかしい

はい、ヘタレ満開。Macノートを買う理由の1つで、ようやく手に入れたが、実際にカフェで展開するには恥ずかしすぎる。

外国人とか、イケイケの人がやってたらすごく絵になるが、そうでもないのではばかられる。そして思ったが、MacBook Airは持ち運ぶには重い。MacBookにしとけばよかった。いやむしろ今ならSurfaceが欲しい。

キーボードの配列もそうやけど、ソフトウェアとか、Macは微妙に使いにくい、、、。

パンが高すぎる

カフェのパンってなんであんなに高いのか??値段もカロリーも。

高カロリーなのだが、食事としては全然足りない。女性はよくサンドイッチみたいなんを食べてはるが、足りるの!?って思ってしまう。

見た目はめっちゃおいしそうなのだが。

キラキラ店員さんが多い

ほとんどのカフェは、カフェの雰囲気とかが好きで働いている人が多いように思う。特にスターバックスはその傾向が強い気がする。女性店員も男性店員も外見レベルが高い人が多い。デブは見たことない。

そういえばうちの妻がちょっとおしゃれなカフェで、雇われ店長を長くやっていた。妻はまったくしゃれた感じとかに興味はないし、デートとかにいってもまずカフェで休むことはない。好きなのはコンビニのコーヒーだ。

そんな妻がこんなことを言っていた。

「カフェに面接にくる人は、志望動機を聞いたらほぼ100%カフェが大好きでカフェで働きたい!という人らばっかりやで。社員も含めて。」

まあそりゃそうやろなー、と思う。しかし意外だったのは、キラキラ店員が多いからかどうかはわからないが、ナンパしてくる客がけっこういるということだ。また、キラキラ女子目当てでバイトを希望してくる男性も多いとか。

サイズの表現がさまざま

カフェではアイスコーヒー。冬ではホットだが、もうほぼこれの一択しかない。

値段も見ずに注文することも多いが、よくよく見ると「Mサイズ」と服と同じような表現の場合もあれば、「レギュラーサイズ」のように表現されている店も多い。

困るのは「Mサイズ」で注文したら「minimam」の意味で、一番小さいサイズがくる店があった。minimamならmaxで最大のサイズも同じような気がするけど。

まあそのへんのサイズの呼び方も含めて、トータルでおしゃれってことで。

Wi-Fiにつなげるためのメールが送れない

カフェで仕事をするならWi-Fiがあるかどうかは生命線である。多店舗展開しているカフェなら大体あるのだが、困るのがこのパターン。

空メールを送ると、Wi-Fiのパスワードが送られてくるというシステムだが、パソコンからのメールはそもそも送れない。そう、ネットにつながってないと送れないのだ。

しょうがないからスマホのメールで送って、パソコンでログインしようとしても、本体情報が紐づいているのかNG。

そもそもWiFiがない

喫茶店ならOKだが、カフェでこれは勘弁してほしい。

経営者が情弱者の場合のあるあるだ。

けっこう困るのが、Softbank・docomo・auのキャリア携帯と契約していればつながるというやつ。いや、もはや格安SIMやし。

この場合、テザリングで対応するしかなくなる。格安SIMなので、容量もそんなに大きいのを契約しているわけではないので、まさかの3Gテザリング。遅すぎるので、画像の処理とかは非常に不便。

Wi-Fiをつなぐときに、テザリングを許可している携帯が検索されるが、誰かさんに貸してほしいとさえ思う。

頼む勇気はないけど。

強烈な台風でわかった7つのこと

こんにちは、ドロンパ院長です。

強烈な台風がありました。土地柄、自然災害というのはあまり経験してこなかったんですが、今回は違いました。家の屋根が吹っ飛びました。

避難もそうですが、事前にある程度の予想情報があったので、当日の動きを計画的にすることができました。

そんな中、今回の台風で感じたことを記事にしてみました。

f:id:kazumine50:20180907084554j:plain

イオンモールが神

当日は、天気予報がご丁寧に『●時ぐらいに該当のエリアが一番きつくなる』ということを言っていたので、頑丈な建物の代表格、イオンモールに遊びにいきました。逃げにいきました。公共施設とか学校が避難場所としては常識ですが、イオンモールは立体駐車場もあるので車にも被害が及びません。なんと神!

イオンモールに避難中は、ショッピングとゆったり昼ごはん。バイキングに行きましたが、なんと時間無制限。昼ごはんだけど夜ごはん分ぐらいまで食べてやりました。

休業の企業とそうでない企業が半々

イオンモールにいく道中で、普段営業をしている飲食店もやってなかったり、ガソリンスタンドも閉めている店がけっこうありました。

イオンモールに入っても、やっている店とやっていない店が半々ぐらい。

台風の時は「やらない」と判断することで、営業利益は減りますが、ブランド力は高めることができるので良い時代になったもんです。

昔アルバイトしていたラーメン屋さんでは、社内の規定集みたいなやつに「台風の日や地震で停電してもローソクで営業しろ」とかいうのが書いてありました。他にも、都市ガスとか業務用のガスではなく、なぜかプロパンガスを使用していたんです。疑問に思って聞いてみると「災害で都市ガスが使えなくなっても営業できるように」とのことでした。

今はどうなってるのか知りませんが、The昭和といえるかもしれません。

Twitterの情報が早すぎる

イオンモールに避難していたので、テレビやラジオは利用していませんでした。

代わりにTwitterで情報をとっていたのですが、情報が早いのなんのって。強烈な動画はリツイートされまくって何回も目に入ってくるし。

Twitterは災害と非常に相性がいいですね。

一億総カメラマン

Twitterにはどんどん素人さんが撮った動画や写真が流れてきます。もちろん取捨選択は重要です。ですが、昔はカメラマンが必死でスクープをとりまくっていた時代から、今は素人が撮ったスクープをメディアが買う、という図式になってしまいましたね。災害の時はいいかもしれませんが、芸能人とか有名人はたまったもんじゃないですね。

Twitterでながれてた映像が、翌日のニュースで流れまくるっていうのはあるあるですね。

報道の映像は被害の超一部

今回の台風で一番有名な動画は、関西空港の連絡橋に船が当たってしまったやつじゃないでしょうか?

あれはインパクトがとても大きいので、マスコミも何回も流します。トラック横転も何回か見ました。

実は私が住んでいる地域でもトラックが横転していました。あとは信号が回転したり。そこらじゅうで起こっていたと思いますが、報道されるのは一部。でもどうしてもそれが全体だと思ってしまいます。これがテレビのような既存メディアの怖いところですね。

なぜかテンションの上がるオッサンがいる

うちの家の屋根の一部が飛んでいきました。

イオンモールから帰ってきたときにわかったんです。それも近所の人がご丁寧に教えてくれました。普段全くしゃべったこともないし、挨拶ぐらいはする関係ぐらいでしたが、わざわざピンポンを押して「屋根とんでますよ」と教えてくれたのです。

ありがたかったのですが、災害時になぜかいきいきする人っていますよね?

これは顔の見えないネットでも同じかと。Twitterもめちゃくちゃ盛り上がってたように思います。

保険や行政の制度に詳しくなる

家の屋根が飛んでいったので、治すことを考えなくてはいけません。

いろいろ調べまくった結果、火災保険でなんとかなりそうという結論に達しました。

え?火災保険?火事だけじゃないの?と思ったのですが、火災保険というのは天災の保障がほとんど効くようですね。20万以上かかった場合の費用に対してですが。

火災保険なんて家を買う時に、なんとなーく入ってただけで、内容は全く知りませんでした。

行政の制度もそうですが、こちらから自発的に調べて自ら申請をしなくてはいけません。今まで向こうから案内があったのは出産費用とか児童手当ぐらいです。

みなさんも「もらえるもんはもらっとく」精神で注意していきましょう。

仕事ができない人の特徴7つ

こんにちは、ドロンパ院長です。

この前また地震があって、けっこう揺れたな~と思っていたのに発表は震度1。地震のときのあの「音」ってなんなんでしょう。この世の終わり、みたいな。

もう10年以上社会人をやっていると、必然的に仕事のできる人とできない人の違いを知ることになります。私が勝手に思ってるだけですが、どこかの本に書かれていた内容もあるでしょう。お読みのみなさまにも、「こういうやついる!」と思っていただければ嬉しいです。

f:id:kazumine50:20180831104305j:plain

デスクが汚い

よく言われますよね。デスクが汚いと、頭の中も同じような状態で汚い。まずはデスクを整理すると頭の中も整理されて、仕事の優先順位をつけやすくなる。

私もデスクはきれいにしています。頭の中が整理されてるかどうかは知りませんが、少なくとも必要な書類とかはすぐにだせるようにしておかないと。

デスクトップにアイコンが置かれすぎている

デスクが汚いのと同じ理由でしょうね。いらんファイルはさっさとほかす。検索機能はPCのほうが充実しているとはいえ、フォルダ分けのスキルが必要です。「えっと、あのファイルどこやったっけ?」という事態に陥ると、効率が悪すぎます。

電話が長く、回数が多い

電話で説明を求められてしまうということは、作成した書類の説明能力不足が考えられます。常に電話がつながる人であればいいですが、電話が長い人は、電話が長いことによって、他の人の電話がつながりにくくなっています。

話が長い

何をそんなに伝えたいことがあるのでしょう???研修やセミナーならつゆしらず、通常の会話が長い人はたいがい「意見」をダラダラと述べていることが多いです。結局何が言いたいのかよくわからないことが多いです。要点だけをしぼって伝えてほしい。家で誰にも相手にされてないから自然と話が長くなっている人も多い気がします。

メールで全てを伝えようとする

まず不可能です。文章のスペシャリストではないのですから、メールでバンバン指示を飛ばしても伝わりません。伝わらないので、メールがどんどん長文になっていきます。こうなると誰も読んでくれません。

レスポンスが遅い

「仕事はナマもの」と考えています。刺身みたいなもんです。居酒屋で刺身がでてきたらとりあえずすぐ食べません?宴会が終わる頃まで、大事にとっておいてカピカピになったやつを食べる人はいないでしょう。

レスポンスが遅い人は仕事をためがちです。収集癖があるのでしょうか。「寝かす」のが好きな人もいますが、寝かしてどうなるんでしょう。熟成でもされるのでしょうか?

「あの件、どうなりました?」と電話で催促されるだけでしょう。

決められない

決めることにはストレスが伴います。今日はどの服を着ようか、何を食べようか・・・。こんなことの積み重ねがストレスとも言えるそうです。

特に仕事で決めなければいけないことがある時は、責任を負いたくない人がとーーーっても多いように思います。

自分では決めれないので、さらなる上司に聞く。その上司も決めれないので・・・と謎の循環がはじまる場合もあります。

決められないことによる、仕事の遅れは影響が大きいです。

遅いのは嫌いです

社内でも社外でも、仕事が遅い人は個人的に信用できません。

ハイかイイエで答えれる質問を即決できない人も信用できません。もちろん情報不足で、判断できないこともあるでしょう。ですが、情報をきっちり集めるかというと、ただの判断の先延ばしにする人がほとんどです。

この記事では仕事のできない人と思う7つの特徴を挙げましたが、これの逆の人がいれば素晴らしいですね。そんな上司がいたこともありますが、やはり仕事はやりやすかったです。

 

川の流れに身をまかせて、流れてくるもの7選

昨日は台風がメタメタ激しかった。いつも思うが、木造の家は飛んでいくんじゃないかなと思うが、飛んでいったことはない。

家の裏が、小さな川なので、氾濫しないかどうかをいちいちビビってしまうが、これも氾濫したことがない。

しかし台風とか大雨のときは、かなり流れが激しくなる。そんな川の流れを見ていると、いろんなモノが流れてくる。今回はそんな流れてくるものを7つ挙げてみた。誰が読むねん。

スーパーとかコンビニの袋

f:id:kazumine50:20180824101827j:plain

王道です。ちゅうかゴミはちゃんとほかせよ。

ご丁寧に、くくってあるやつのほうが水に浮く。

空き缶

f:id:kazumine50:20180824101844p:plain

これも多い。自販機自体は減ってるみたいだが、よく流れてくる。特にコーラの缶は赤いので目立つ。

f:id:kazumine50:20180824101905j:plain

いわゆる流木。これは仕方がない気がする。しかし流れ着く先はどこなんやろ、といっつも疑問に思う。

くつ

f:id:kazumine50:20180824101913j:plain

なぜかこれはけっこう多い。ちゅうか、道路にもよく落ちてる。「くつ落とすってどんなんやねん」ていつも思う。予備のくつを落としたんだろうか。はいているくつを落とすシーンってあるのかな。

しかしゴム製のものが多いからかなんか知らんが、くつもけっこう浮く。

自転車・バイク

f:id:kazumine50:20180824101928j:plain

なにかの犯罪の匂いがするような気がする。不法投棄なのかなんなのか。川はゴミ箱ではない。

しかし自転車はまだわからんでもないけど、バイク(原付)を川に落とすというのを考えると、なかなか大変だ。そこまでして川に放り込まなければいけない理由があるのかな。

タイヤ

f:id:kazumine50:20180824102039j:plain

なぜ??と一番首をかしげた。しかも4連続ぐらいで流れてきた。車のタイヤっぽくなくて、農作業用のリアカーのタイヤみたいな感じだった。タイヤ自体は重いのに、空気が入ってるのもあってよく浮く。

f:id:kazumine50:20180824102030j:plain

助けたかった。いや、もしかしたら悠々と泳いでたのかもしれない。親子なら助けていたかもしれない。ニンジャタートルズなら自分で脱出してたに違いない。

ゴミはきちんと処理しましょう

流れてくるものは、はっきり言ってゴミばかり。

誰かがちゃんと処理していれば川を流れることもない。

そんなことを考えながら、暴風で家が揺れているのを感じながら、ビビりすぎて爆睡してしまった。

夏の定番、うますぎて確実に太る7つのメニュー

こんにちは、ドロンパ院長です。

お菓子とかアイスとか、いろいろなものを7つに分けてきたが、今回はそれの延長で「夏に食べたいメニュー」を7つに分類してみた。

え??お前の趣味なんか知らんがな!って?

そんなこと言われても、それこそが知らんがな。

 

冷麺

f:id:kazumine50:20180817091428j:plain

夏のド定番。店で食べることを選ぼうとはあまりないが、家で食べるにはすごく安くできておいしいので重宝している。

ごまだれと醤油ダレの2種類が多い。私は断然ゴマだれ派である。

しかし、冷やし中華というのは本当にテンションの上がらない料理である。冷やし中華を食べるぞ!と言われてもぜんぜん嬉しくないが、食べたらめちゃくちゃおいしい。そういう料理の代表だ。

ちなみに韓国風冷麺はそんなに好きではない。麺がつかっている液体を飲み干せばいいのかどうかわからないからだ。

 

そうめん

f:id:kazumine50:20180817091421j:plain

夏といわずに、いつでもこれを食べている。普通に冷やしたそうめんも好きだが、うどんのようにして、にゅうめんというのをよく食べる。食べていると、そんなに感じないのだが、そうめんの1番の弱点は、実はカロリーが高いという点だ。

 

漬け物

f:id:kazumine50:20180817091414j:plain

今度はカロリーではなく、塩分が高い食べ物だ。まさに夏場の塩分補給にピッタリといえよう。うまいご飯と食べるのもいいが、私はそのまま食べる方が好きだ。漬物と日本酒でけっこうイケる。

住んでいるところが京都ということで、漬物ブランドはありあまっているが、ほとんど食べることはない。なぜなら、スーパーに行けば100円とか200円でかなりおいしい漬物が揃うからだ。

いや、ブランドもんもおいしいんだけどね。

 

麻婆ナス

f:id:kazumine50:20180817091406j:plain

麻婆豆腐が大好きです、でも麻婆ナスはもっと好きです。というかナスが好きです。どこかのテレビで聞いた話だが、ナスビというのは体を冷やすという効果があるらしい。だから夏にはぴったりの食材だ。

『麻婆』という字体も好き。

 

焼きナス

f:id:kazumine50:20180817091359j:plain

繰り返すが、ナスが大好きです。中でも焼きナスというのは、生姜醤油と相まってとんでもない旨さを引き出してくれる。ナスのトマトソースもうまいが、焼きなすが一番ナスの味を引き出しているように思う。

居酒屋に行っても頼むことは結構ある。っていうか生姜醤油ってなんなんでしょうあれ。うますぎません?和食だったらなんにでも合うようが気がする。

 

焼肉

f:id:kazumine50:20180817091346j:plain

KING OF 夏の定番。

いや、冬の定番でもある。一年中定番やな。毎日は食べれないが、2日おきぐらいに食べたい。そんなセレブに憧れる。

焼肉の中でも特に好きなのは、テッチャンだ。THE デブコース王道。あのとろける感じがたまらない、たまにテッチャンは飲み込むタイミングがわからないから好きじゃない、みたいな人がいるが言ってる意味がさっぱりわからない。そういう人はイカも好きじゃないらしい。

他にもカルビやハラミなどイチローや松井級のスターが揃っている。休みの日の前日であれば、問答無用でにんにくにつけて食べる。むしろニンニクにディップして食べるような感じだ。カタカナにしたらいきなりおしゃれ感がでてきたな。

 

あんかけうどん

f:id:kazumine50:20180817091332j:plain

京都を代表する料理の1つだ。

風邪をひいた時によく食べる。理由は体が中から温まって、いかにも健康そうだからだ。片栗粉を混ぜてトロミをつけ、すりおろした生姜をたっぷりとのせる。そうすることによって、体の中から温めて風邪をぶっ飛ばすというものだ。

なぜこれを夏に食べるのか?

死ぬほど汗をかくからである。服は完全にカラダにひっつく。タオルがないと汗がたれおちてくる。死ぬほど汗をかいてそのあとシャワーに入りガリガリ君を食べる。このローテーションが夏の鉄板だ。

 

夏は食欲が減る?

そんな経験をしたことがない。つまり夏は太りやすい。

夏バテになってしまうと、食欲もなくなるのだが、なったことがないので食欲はモリモリだ。

 

知覚過敏をぶっ飛ばせ!うますぎアイス7選 氷菓編

こんにちは、ドロンパ院長です。

夏らしく、アイスクリームの激ウマ7選を書いたが、今回はそれの続編。

 

www.doroin50.com

アイスの中でも、いわゆる『氷菓』と呼ばれているものである。

f:id:kazumine50:20180810071352j:plain

アイスクリーム系は冬でもおいしいが、氷菓は夏限定な気がする。37℃を超えると、暑すぎてビールの消費量が減るらしいが、アイスもそんなんあるんかな。

 

 ガリガリ君(梨)

 

 

我が家の夏のスーパーヘビーローテーション。ヘビロテすぎて『ガリガリ君梨』というのも面倒になってきて『ガリ梨くん』になってしまった。

 

なぜか売っているスーパーと売っていないスーパーの差が激しい。イオンのような大型スーパーに行っても、ソーダ味やコーラ味は置いているが梨味は置いていないことが多い。それに比べて地元の小規模なスーパーだと、謎にけっこう置いてある。

と言っても一本60円ぐらいの普通サイズのものだ。

大型スーパーに行けば7本入りの、少し小さめのサイズのやつが必ず売っている。

 

そういえば、芸能人でも小倉優子がこの梨味を好きというので有名だ。

 

余談だが、ガリガリ君は氷部分とアイスキャンディー部分に分けられる。私は子供のころから、氷の部分よりアイスキャンデーの部分の方が好きだった。なので食べ方もちょっと変わっていて、まずは皮の部分を味わって食べてしまう。そして最後の一口は皮の一番下の部分、かたくて一番おいしい。

 

パピコ

 
これは一体何でできているのだろうか?さっぱりわからない。
 
一度パピコを買った時に、2本も食べれないのでそのままカバンの中にしまって持って帰ったことがある。そしたら液体になっていた。ここまでは当たり前だが、その後が問題だった。再び凍らせればあのパピコになる。そう信じていたが、ならなかったのだ。凍らし方に特徴があるのか何なのかよくわからないが、ただのカチンコチンの氷になっていた。
 
パピコはとにかくうまい。風呂上がりなんかサイコーだ。そして面白いのは一番オーソドックスな味がチョココーヒー味ということだ。これは他のアイスにない特徴だ。
 
季節限定の味はフルーツ系のものが多い。ぶどう味や桃味といったようなものだ。それがまたびっくりするぐらい美味しい。
美味しいというか、まぁ濃厚。
 

練乳氷いちご

森永の練乳氷いちごだ。夏の定番といってもいいだろう。定番すぎて、コンビニ各社もオリジナル商品をだしている。
 
練乳といちごというのはなぜああも相性が合うのだろう。まるでラーメンとメンマぐらい黄金コンビだ。
 
私は個人的にイチゴ自体はそんなに好きではない。しかし残念なことに人工的な味のいちご味というのは大好きである。最近よく流行っている少し高級路線の本当のイチゴ味がするようなお菓子はそんなに好きではない。やはり人工的な味が好きなのだ。商品で例えるといちごオレみたいな、どう考えても人工的な色の飲み物が好きである。この練乳いちごもそれに近い。
 
最近歳のせいか練乳部分が多く感じるようになってしまった、こってりとしたラーメンで例えるなら天下一品のような感じだ。
 

しろくま

 
これも練乳いちごと似ているが、いちご味ではなくて、練乳味だ。
 
それにプラス、みかんやパイナップルといういったようなフルーツが冷凍されたものが入っている。九州の名産品ということなのだが、本場は食べたことがない。
 
しろくまくんシリーズもクリーム状のものや、かき氷系など様々なバリエーションが出ているが、この一番オーソドックスな、かき氷系が一番大好きだ。
 

ガツンとみかん

 
コンビニ必ずと言っていいほど置いてある商品。
 
「100%のストレートのオレンジジュースの味」ではなくて、「濃縮還元の100%のオレンジジュースの味」でもなくて、みかんの缶詰くを凍らせたような味がする。
アイスクリームになるとやはりこういう少しジャンキーな感じのものが美味しいのだろうか?
 
もはや定番になりつつあるが、この間スーパーに行ったら「ガツンとモモ」という商品が売られていた。殴られそうな名前だったので、ビビって買えなかったら美味しいに違いない。
 

Doleもりだくさんフルーツ

 
16本入りの1つがすごく小さいアイスである。
味は100%の濃縮還元ジュースの味がする。
 
ガリガリ君の項目でも書いたが、私は氷系のアイスよりは、アイスキャンデー派である。なのでこれを1回で最低2本は食べてしまう。パイン味リンゴ味オレンジ味ぶどう味の4種類だが、我が家ではブドウ味が一瞬にしてなくなってしまう。
 

アイスの実

 

よく売っているが、30歳をすぎるまで食べたことがなかた。子供のころからあるのは知っていたが、なぜか手が出なかった。棒がついてないからだろうか。

 

しかし30歳を越えてからそのおいしさに驚愕することになる。ぶどう味と桃味を食べたが、本物のぶどうよりも桃よりもおいしいのだ。

しかも日本のお菓子っぽい特徴があって、指を汚さずに食べれるとか、商品同士が引っ付かないようになっているのも素晴らしい。

 

高級かき氷は量が多い

私は京都にずっと住んでいるので、いわゆる夏の風物詩といえば、宇治抹茶金時を使ったかき氷だ。街中に行くと、京都らしく色んな店で宇治抹茶のかき氷を味わうことができる。中でも有名な祇園辻利の宇治抹茶のかき氷などは並ばなくては食べれない。

 

1度食べに行ったことがあるが、確かに1時間ぐらい並んでやっと食べれたような気がする。しかしとにかく量が多いのだ。ラーメンで言うとチャーシュー麺大盛りぐらいの勢いがある。しかもラーメンは、さめていって伸びていくだけだが、かき氷は食べないと存在自体が『無』になってしまう。

おいしいのはおいしいが、基本的にはずっと同じ味なので、やはり飽きてくる。ラーメンなら唐辛子を入れるとか紅しょうがを入れるとか、味のチェンジができるのにそこはどうしても残念だ。

 

でもなんだかんだ言って、一番おいしいかき氷系のアイスは、海で食べるストローの先がスプーンみたいになってるやつのいちご味のかき氷だ。

自分がとろけてしまうほどおいしいアイス7選 アイスクリーム編

アイスクリームやお菓子はやはり日本のものがおいしいと思う。

これは日本人の口にあっているとかそういう意味ではなく、単純にモノとして完成度が高すぎるということだと思っている。f:id:kazumine50:20180802141816j:plain

ドン・キホーテやドラッグストアにいくと、観光客がこぞってお菓子とかを買いまくっている。ひと昔前にイタリアに日本人が旅行にいったら、ブランドものを買いまくって帰国するということがあったが、まさにあれと同じだ。

 

そういう意味でも、全世界にもファンが多いことから日本のアイスクリームはやはり美味しいのだと思う。実際に昔からずーっとあって、ベストセラーになっているアイスクリームは多い。

そしてそれは間違いなくおいしい。

うますぎるものだけ挙げたので、この中で一つでも「わかるー!」となるはずだ。

チョコモナカジャンボ

by カエレバ
これは奇跡の商品だと思う。冬食べても夏に食べてもいつ食べてもおいしい。朝に食べてもおいしい。夜の風呂上がりに至っては麻薬レベルにやみつきになってしまうほどおいしい。
 
以前どこかのスーパーのpopで『工場から直送されて、10時間以内のチョコモナカジャンボです』というのが立てられていたが、まんまと買ってしまった。
さぞかしパリパリなのかなと思ったが、普通に売っている商品とのちがいはわからなかった。
 
バニラモナカジャンボという姉妹品もあるが、こっちはイマイチ。
 

ピノ

by カエレバ
これは全てが完璧に計算されているような気がする。口溶けのタイミング、コーティングチョコとの相性、なぜ一箱に六個しか入ってないのか?など、全てが
完璧なのだ。
とりあえず一個だけ食べようと思って、一個で終わった試しがない。
誰が考えたのかは知らんが、チョコレートとバニラアイスクリームというのは最強のコンビだと思う。ラーメンとメンマぐらい最強だ。
 

MOW


あんまり目立たないのだが、添加物は未使用である。自然のアイスクリームを非常に安価な値段で提供してくれている。有名なアイスだが、MOWは素晴らしい。他と一線を画す特徴がある。

それなのに非常にミルク感もあってめちゃくちゃおいしい、これも冬に食べても夏に食べても美味しいアイスクリーム代表だ。
永遠に食べても健康を害さない。デブになるだけだ。
 

ハーゲンダッツミニカップ

by カエレバ
実はそんなに食べる機会がない、なぜなら買う機会があまりないからだ。
というのもスーパーやコンビニいっても、他のアイスに比べると量が少なくて値段が2倍ぐらいする。それだったらケチくさいのだが、MOWを買ってしまう。
しかし味は一級品。ハーゲンダッツは自分で買うよりもらうにかぎる。
 

ウエハーサンド

by カエレバ

 

おそらく知っている人が少ないアイスクリームだろう、なぜならコンビニには売っていないからだ。
ハーゲンダッツのクリスピーサンドというのを知ってる方が多いと思うが、あれの兼価版と言ったような感じか。しかし味はまったく兼価版ではなく、うますぎる。
 
サンドしているビスケット?がゴーフルみたいな感じでサクッと入る。そのあとクリームのうまみが広がってくる。最後にひんやりしてくる、といった三段攻撃をうける。これにはまったくたちうちできない。
 
スーパーで6個入りとかの箱のサイズで売ってるやつしか見たことがない、しかし1回で2個ぐらい食べてしまうほど中毒性がある。
 

スーパーカップ

by カエレバ
まさにキングofアイスクリームという味ではなかろうか。いろいろある味の中でも特にチョコチップクッキー味が大好きだ。あの少量のチョコレートの感じがたまらない。しかし1回で1個を食べきるにはなかなか量が多い。
スーパーカップというとカップラーメンもあるが、あれも量が多い。
 

雪見だいふく

by カエレバ

超ロングセラーの、まさに日本を代表するお菓子の1つだろう。

他のアイスクリームはよく似たような商品が、別のメーカーから発売されている。しかしこの雪見だいふくだけは他のメーカーがマネしてだしていないのだ。特許的な話なのかなんなのかはまったくわからない。つまり、雪見だいふくは雪見だいふくしかないのだ。似たような商品を見たことがない。

さらに最近知ったのは「冬しか売っていないということ」だった。「雪見だいふくって冬になると食べたくなるよねー」なんて言っていたが、それは間違いであって、冬しか売ってなかったのだ。

今年から夏場も売るようになっているとか。

 

アイスクリームは基本のバニラ

バニラという味はよくわからんが、とにかくうまい。さらにバニラとチョコレートが合わされば最強のタッグになってしまう。餃子とビールよりも強いかもしれない。いや、翼くんと岬くんぐらいヤバイ。

今回はアイスクリームにしたが、次回は氷系のアイス編にしたいと思う。