京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

闘争本能とは??『のび太と鉄人兵団』

こんにちは、GW前でいきりまくっているドロンパ院長です。

この記事では引き続きドラえもんの映画版の考察をしていきます。

 

 

今回は『鉄人兵団』です。

f:id:kazumine50:20180427164833p:plain

ビデオパス

 

まずはあらすじを。

のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

だがその最中、そのロボット(ザンダクロス)に恐るべき兵器が組み込まれていたことが判明。安全のため、ロボットを3人の秘密にすることを誓ったが、のび太のもとにロボットの持ち主と名乗る少女リルルが現れ、のび太はうっかり口を滑らせてしまう。のび太はロボットを返すことを断れず、さらに鏡面世界へ入り込むために必要なひみつ道具「おざしきつり掘」まで貸してしまった。

実は、リルルはロボット惑星メカトピアから派遣された少女型スパイロボットであり、メカトピアの地球侵略作戦の足がかりとして尖兵である他のロボットとともに鏡面世界で前線基地を建設し始めた。偶然現場近くで真相を知って逃げたドラえもんたちを追うため、リルルたちが鏡面世界の入り口を無理やり広げようとした結果、時元震による爆発が発生し入り口は塞がれた。それにより危機は免れたかに見えた。

しかしそれも束の間、メカトピアから鉄人兵団が地球へ送り込まれてくることを知り、のび太たちはジャイアンやスネ夫と協力し、取り返した巨大ロボを改造して味方につけ、鏡面世界を舞台に鉄人兵団を迎え撃つことになる。

ドラえもん のび太と鉄人兵団 - Wikipedia

ザンダクロスとジュドーとミクロス

これ絶対当時流行ってたロボットアニメからとってる。ザンダクロスは巨大ロボット、ジュドーはそのコンピューター、ミクロスはスネ夫の所有するロボットだ。

ザンダクロスという名前はドラエモンが「サンタクロース」からとったものだが、見た目はどう見てもZガンダム。

そしてザンダクロスの脳であるコンピューターのジュドーは間違いなくZZガンダムの主人公のジュドーかと思う。

またスネ夫の所有ロボットのミクロスは超時空要塞マクロスからとったもんだろう。

そう考えると作品としての古さを感じるが、内容は全く古臭さは感じられない。むしろ今だからこそ考えなくてはならんことだろう。

のび太のとんちが天才的

ここで実際にでてきたクイズを解いてほしい。

「おやじかとこじかが喧嘩になりました。さて勝ったのはどっちでしょう??」

「答えはこじか」

「子どもの鹿に親の蚊が勝てるわけないじゃん」

ということである。

 

アムとイム

地球が鉄人兵団というロボット軍団に支配されようとしていた時、しずかちゃんが名案を思い付く。メカトピアができた時にタイムマシーンでさかのぼって、作った神様に文句を言ってやる、ということだ。要するに昔にいって、開発者に開発をやめろと伝えにいくということである。

どう考えても最初の人類とされているアダムとイヴをもじった、最初のロボットであるアムとイムというロボットが登場する。アムとイムというロボットを作った博士は人間の欲望とかに絶望し、ロボットだけの楽園を作ろうと考えたわけだ。しかしながらそのロボットが別宇宙の人間の星を支配して、人間を奴隷として使おうっていう未来になってしまった。

闘争本能

博士は「文明が発展するように」と「闘争本能」の回路をアムとイムにとりいれた。それが原因と確定した博士は闘争本能システムを排除する。すると血気盛んなロボットたちは消え、本当にロボットの楽園が出来上がった、っぽい。

まとめ

 

闘争本能、これはよく映画でも小説でも描かれる。人よりも良い生活、人よりも一歩先へ。そういえばゆとり教育の時は100m走をやっても順位をつけなかったとか。これぞまさしく闘争本能の去勢か。

実際に闘争本能を去勢することで、人類がどうなるのかはわからないが、闘争本能があった結果、現代のように様々な文明が発達したことは間違いない。なので一概に闘争本能が悪とは思わないが、なんでもかんでも競争、というか人と比べるのはどうかとも思う。

他人の評価や他人の幸せの定義なんかを気にしすぎると、かえって不幸に陥っている人をよく見かける。あの人は高級車とか大きな家を所有することに喜びを感じてるけど、私は特に興味ないわ。と言えるぐらいにならないと。